忍者ブログ
はちきれることのないブラウスの会、 それは地獄の世に咲いた四輪の花。

WRITE | ADMIN

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/26 ショート坊主]
[04/09 ぱのぷて]
[04/09 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
最新TB
プロフィール
HN:
mzd216
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アクセス解析


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





おはようございます、はちブラ脚本担当二朗松田です。

ここの所何をしていたかといえば、
先日終了しましたINDEPENDENT:14に出演した、
はちブラ演出担当河口仁の演目「DANCE BURRN」、
実はこれの脚本を担当させて頂いておりました。
お越し頂きました皆様、
誠にありがとうございました。
以下には「DANCE BURRN」の秘密解明的なものを記したいと思います。

まずタイトルですが、
当日パンフで仁くんが書いていた通り、
我々がまだ大学生だった頃、私が初めて書いた脚本、のようなもの、
そのタイトルが「DANCE BURRN」でした。
当時、スタッフとして万化さんの隅っこにいた仁くんを、
我々悪い先輩たち(万化でもないのに)が引っ張り出し舞台に立たせました。
舞台俳優河口仁誕生の瞬間でした。

今作はその時のDANCE BURRNとは全く別物なのですが、
とにかくいついつまでにINDEPENDENTのチラシに要るから、
っていうんで、思い出深いこのタイトルを
取り敢えずそのまま付けることにしました。

そうです、
「何にも決まってないけど、やる事だけは決まってるので、
とにかくチラシだけでも先にっていうパターンのヤツ」
とはそのまま今回の事です。
「脚本も出来てないのにタイトルだけが出来ているなんてことがあるのか?」
ホントにあって自分でもビックリしました。

デザイナーを主人公にしたのは、
完全に今回の演出匿名劇壇福谷圭祐の手法をパクりました。
まるで自分がモデルかのように見せる完全なる作り物のエンターテイメント。
これを自分に当てはめれば主人公はデザイナーとなった次第です。
匿名劇壇にそのまま準えれば、この作品はフィクションです。本当に。

このように、いつもなら参考というか元ネタにするものは
映画やらテレビやら音楽やらなのですが、
今回参考にしたものの多くは演劇作品でした。
ざっと挙げれば、
匿名劇壇のいろいろ、
baghdad cafe'「リターン☆プラネット on stage」
今回ご一緒したおぐりまさこさんの「ライト」、
バンタムクラスステージのいろいろ。
バンタムさんに至っては、短編「オクラホマ・スタンピード」を
書かせてもらった際、細川さんの文体を真似て書いた経験が
今作で随分役立ってます。
baghdad cafe’さんと言えば、
INDEPENDENT直前のUST番組の中の
それぞれのアクトがどんな中身だか想像しようみたいなコーナーで、
泉寛介さんが「バーン・ザ・フロアみたいな」という
劇中そのままのセリフをズバリ言いやがって、
流石にギー!ってなりました。

最初の妄想シーンは、
まんまフットルースのうろ覚えなストーリーをそのまま載せてます。
あんなのでしたよね?
マッチがケビン・ベーコンの声当ててて。

次の妄想のファンタジーは、
FFとかの大雑把なイメージに、
スターウォーズのあらすじを乗せただけです。

最後の芸大生の妄想は、
「ハチミツとクローバー」が元になってます。
読んだこと無いですが。
多分こんなのかなぁと想像で書きました。
ちなみに「バックドラフト」も観てないです。
USJのアトラクションは行きましたが。

最後に、「DANCE BURRN」というタイトルの由来ですが、
これもUST番組での泉さんが正解出しててやはりギー!となりました。

ダン・スバーン

因みに当時のチラシは手描きで、
ダン・スバーンがフランク・シャムロックの首を引き千切っているという
酷いものでした。
あと、BURRNのRが多いのはこれが元ネタです。

BURRN!

20年前、私はただのメタル好きのプロレス好きだったんですね。
BURNをBURRNと表記することがカッコいいパロディになってる
って思ったんでしょうね。
何かめっちゃ恥ずいっすね。

つまり今作では、
「メールにはカタカナで『ダンスバーン』としか書かれてないタイトルを、
 あれこれ妄想する男」の話、と設定してます。
なので若手劇団主宰のサクラバカズコは、
ダン・スバーンの一代記か何かを舞台でやろうとしてるんでしょうね。
言うまでもありませんが、
サクラバカズコの元ネタは桜庭和志です。
Uインター繋がり。

今回のINDPENDENTは本当にレベルの高いもので、
この面子の中に参加させて頂いたことは
身に余る光栄以外の何者でもありません。
仁くん福谷くん、INDPENDENTに関わる全ての人々、
そして全ての演劇人に最大級の感謝を。

次は1/13(火)の大喜利大会、
1/27(火)の30×30「カヨコの大発明」でお会いしましょう。

それでは、プロレス、UWF、MMAのマットを
縦横無尽に暴れ回り、NWAとUFC両方のベルトを手にした男、
ダン・スバーンさんの勇姿を見ながらお別れしましょう。

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS