忍者ブログ
はちきれることのないブラウスの会、 それは地獄の世に咲いた四輪の花。

WRITE | ADMIN

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/26 ショート坊主]
[04/09 ぱのぷて]
[04/09 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
最新TB
プロフィール
HN:
mzd216
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アクセス解析


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ごきげんいかがでしょうか。
はちブラ脚本担当二朗松田です。

最近何かイベント事があってもめっきり更新しなくなってます。
だってTwitterが便利なんですもの。
Twitterに書けば連動してるFacebookにもmixiにも勝手に載るんですもの。

じゃあアレか、ここも連動させれば良いのか。
でもそうすると適当につぶやいた月曜バイキングの事とか、
完全にはちブラに関係ない事もはちブラブログに掲載されるのか。
それはちょっとアレか。

ブログの更新こそしてませんでしたが、
実はなんやかんややってました。

先週末、
有元がバグダッドカフェさんに客演、
(実は私も軽く絡んでますが)
私の脚本作が名古屋のイベント、空宙空地さん「零年」で上演されました。


空宙空地さんで上演したウィザードリーマン。
「ビギンズ」の方は昨年のINDEPENDENT:13でも上演され、
言わば今回は凱旋公演的な意味合いがあったのですが、
言うてる間にSPR(札幌)参戦が決定、
凱旋且つ壮行、帰ってきてすぐ行ってきますという、
中島と野球の約束をしているカツオ、みたいな事になってました。

今回は「ビギンズ」に加え新作ウィザードリーマンZを書き下ろさせてもらいました。
空宙空地さん「零年」はそのメインに「アルジャーノンに花束を」を上演すると聞いたので、
Zは一応アルジャーノンオマージュで書いてみたのですが、
ご覧になった方、如何でしたでしょうか。

今後また上演する機会があったりするかもなので、
ここではあまり詳しいネタバレは避けておきます。


それにしてもバグダッドカフェさんの「リターン☆プラネット on stage」は凄かったですね。
矢継ぎ早に繰り出される怒濤の演劇あるあるとメッタメタのギャグ。
完全に小演劇を小馬鹿にした目線で、
完璧なまでに演出を施された小演劇。
全てをネタで相対化し笑いにしながらも、
その笑いさえも信用してないような異常なバランス。
そんな無数の無意味を払いのけてみたら、
その向こうには「現実」が待っているという、
地獄のような構成。
愛と嫌悪、ニヤニヤと真剣がいい加減で混在する、
まるで赤鬼がアルマーニのスーツを羽織りながらフリチンになっているかのような、
変態丸出しの素晴らしい舞台でした。

このお芝居の恐ろしいところは、
いわゆる「普通のお客さん」には「エンターテイメント演劇」として機能し、
それ以外の少しリテラシーのある人(主に演劇人)にのみ爆弾が起動する、
という仕組みになっている所で、
これを観たちゃんとしたエンタメ演劇やってる人たちは頭を抱えたのでは無いでしょうか。
そんなことないのかな。
それはそれ、なのかな。どうだろ。どうなんですか。

私は頭抱えましたけど。
ちゃんとしたエンタメ演劇やってないけど。
そっちはやってないけど、やりたかった方向のネタを結構やられちゃったもんで、
ホント結構困ってます。
ホント迷惑。

とにかく私にはこのお芝居が「80〜90年代小演劇のグランドフィナーレ」に見えたのですが、
そんな中でフレッシュキャストが、
古い演劇像に囚われないピッチピチの若者が実名で登場し、
演劇をやることを宣言するシーンは、
ギリギリで希望のバトンを次世代に託してるのだと勝手に解釈しました。

いいともがグランドフィナーレを迎えて、
バイキングになって、どうなんだと言われてる中、
月曜日のサンドウィッチマン地引き網ロケが好評を博してるワケですよ。
そう言う事ですよ。

あと、身内を褒めるのも何ですが、
有元もあの怪物キャストたちの中でよく頑張ってたと思います。
考えてみりゃ、万化さんとはちブラの人ですもんね。
このお話しの語り部としては相応しいのかもしれません。

最後に一曲行きましょう。
リターンプラネットに劇中で挿入され、
昨夏、殿村ゆたか劇場「スローなブギにしてくれって言ったのに」でも使用しました、
沢田研二で「時の過ぎゆくままに」です。

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS