忍者ブログ
はちきれることのないブラウスの会、 それは地獄の世に咲いた四輪の花。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/26 ショート坊主]
[04/09 ぱのぷて]
[04/09 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
最新TB
プロフィール
HN:
mzd216
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アクセス解析


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんばんわ、大沢です。

前回のエバーグリーンの告知に続き、今回も告知です。
うあ…
わたしの はちブログ、告知しかしてない……


明日からはじまります。



***********
K.I.T.新作公演
『地中』

脚本:角ひろみ 
演出:柏木俊彦

出演:高杉征司 今井美佐穂 河合良平 大沢めぐみ 辻井直幸 松尾恵美 

振付:高木貴久恵
音楽:中川裕貴

----------------------
折り重なる地層
切り取られた土地
忘れ去られた空間...
境界 争い 想い・・・
永く遠く
しみこむかさなるのぼりゆく
時間

地中には何が埋まっているか
はいゆうとほりおこす
はじまりをみはるかす
---------------------

■日程
11月8日(金)19:30
11月9日(土)14:00/19:00★
11月10日(日)14:00
11月11日(月)14:00★
※開場及び受付開始は開演の30分前です。

★の回はポスト・パフォーマンストークを開催いたします。
【ゲスト】
・9日(土)19:00の回
村川拓也(演出家・映像作家)
角ひろみ(劇作家・演出家)

・11日(月)14:00の回
京極朋彦(振付家・ダンサー/京極朋彦ダンス企画)
山口茜(劇作家・演出家/トリコ・A)

■料金
一般:2500円 学生:2000円
※前売・当日共同料金、日時指定制。全席自由

■会場
アトリエ劇研 
(〒6060856 京都市左京区下鴨塚本町1)
MAPはコチラ

チケットはコチラ

■K.I.T.を知る
HPはココ
Facebook
Blog

***********

ああ…
フェイスブックかツイッターかはじめようかな…






PR


1年と2ヶ月ぶりに
小田さんに会いました.

思ってたよりも変わって無くて、ちょっと吃驚した
とともに
ちょっと安堵した.
というか、何をそんなに変わってる気がしてたのかしら…

ああそっか.
会ってなかった分、
無意識にいろいろ想像しちゃってたのですね.
もっと大きくなってたらとか
手の届かない人になってたらとか.
会えなくなる分、思いが募る みたいなね.

7年前の作品を再構築ってなりますと、
変わってないところ、否応無しに変わるところ、変えざるを得ないところ、変えてみたらどうだろうと思うところ、いろいろ垣間観えてへーと思う.

そうやって
7年前といまとを行ったり来たりするときもありますわね.


「Evergreen Online/EDIT」



会場
in→dependent theatre 2nd

出演
河口仁(シアターシンクタンク万化)、早川丈二(MousePiece-ree)、
大沢めぐみ、林遊眠(劇団ショウダウン)、山本香織(イズム)、
上杉逸平(イズム)、上田耽美、山本光(イッパイアンテナ)、
Sarah(ムーンビームマシン)、林裕介(劇団自由派DNA)、
成瀬トモヒロ、おぎのかな(ホリプロ)、野村侑志(オパンポン創造社)、
米山真理(彗星マジック)、谷屋俊輔(ステージタイガー)、御意(ProjectUZU)、
杞山星璃(劇団Patch)、南光愛美(劇団猫の森)、上野淑子(ブラック★タイツ)


料金
【発売日】2013/05/18
一般前売¥3000
一般当日¥3300
学生(大学・専門学校生含む)¥2000
*未就学児童入場不可

タイムテーブル
7月5日(金)19:30
7月6日(土)14:00/19:30
7月7日(日)14:00/19:30
7月8日(月)18:00

「エバーグリーンONLINE」というネットゲームの世界とそこに集う現実の人々のそれぞれの生き方が交錯する群像劇。
2006年に同劇場で上演されたシアターシンクタンク万化の「エバーグリーン・オンライン」を大幅ブラッシュアップ。


ご興味あれば、コチラ予約フォームです。



スタッフ
作/美浜源八
脚色・演出/須川忠俊
舞台監督/新井和幸
照明/奥村誠志郎(M.C.S.)
音響/小池俊郎( アコースティックワークス)
衣装/植田昇明(kasane)
ヘアメイク/KOMAKI(kasane)
殺陣/ドヰタイジ(STAR☆JACKS)
特殊小道具/T-9210
振付/和田雄太郎(ムーンビームマシン)
宣伝美術/勝山修平(彗星マジック)
スチール/堀川高志(kutowans studio)
アシスタント/ohana(Noisy Bloom)
制作/渡辺大(Limited spice)





千秋楽を終え、ウチアゲ場所の「aloalo」へ向かう最中、
共にWSオーデションを受けていた いいざかさんとさっちゃんと
「長かったですね」と話す。

下鴨車窓さんのWSオーデションを受けたのが昨年の6月。
帰りのバスを待ちながら、緊張からの解放と、初夏の熱気から手の汗が引かなかったな。

下鴨さんの作品は、過去に2作品観ていた。
舞台に立つ人間、ことばの存在、光と暗闇と 深い静寂
視覚と聴覚が妙に冴えわたって来て、身体が深く深く沈んでいく感覚。
その世界の一部になれることが、
たまらなく憧れだった。


今回ご一緒させていただいた方は、みなさん初めてで、
稽古初日からしばらくの間は、やっぱり緊張していた。
毎日稽古場で起こる変化は、自分の稽古のアプローチの仕方にも、
大きく影響を及ぼしてた。

京都は、芸術が近くにある。
演劇はもちろん、音楽やら朗読やらダンスやら、
毎月なにかしらのワークショップが開かれている。
中には、無料でふらっと入れたりする。海外の作品も観られる機会が多い。
舞台芸術に関わっていない人の関心も、きっと高い。
実際に足を運んで作品を体験しに来てる。
京都に越して来てからの約2年のあいだ、
今までしなかったことや観なかったものに触れられた。

まだまだ体験したいことが増えて来た。


ご来場いただきましたみなさま、遠方から来ていただいた方、
誠にありがとうございました。
そして、今回お世話になりました、
下鴨車窓、田辺さんをはじめ、スタッフのみなさま、11人の役者さん、ほんとうにありがとうございました。

また、一緒に作品を創れるチャンスを呼び込めるよう、
次に向けて、トライ&エラーを繰り返す。




こんばんわ。
とっても久しぶりです。大沢です。

何かとはちぶら会議はやっていて
その度に はちぶらブログを今日こそは書こう!と思うのに
深夜の電車に64分間揺られるせいか
家路に着くと日付が変わっているせいか
またその日の生活をスタートさせると

気付いたら




1年半




書いて



ない…



大阪⇆京都 64分間は
時間をこえて
土地こえて
1年半も飛びこえて!




本日より、小屋入りです。

********************


《公演概要》
下鴨車窓#10『煙の塔』

■脚本・演出/田辺剛

■出演/高杉征司
 岩田由紀
 飯坂美鶴妃
 合田団地
 大沢めぐみ
 藤本隆志
 芦谷康介
 中嶋やすき
 新田あけみ
 松田裕一郎
 曽田伸一
 水月りま


■上演時間/1時間45分


■日時
 1/31日(木)19:15
 2/1日(金)19:15
 02日(土)14:00,19:00
 03日(日)14:00
 04日(月)14:00,19:15
 05日(火)14:00


■料金/一般2,500円、ユース(U25) 1,800円、ペア4,200円



■会場/アトリエ劇研
アクセスはこちら



■チケット予約はこちら


■下鴨車窓#10『煙の塔』稽古風景から:





■下鴨車窓HPはこちら


********************


どうぞ、おこし下さいませ。


ゴ主人
アロ 今日モ守ッテルノヨ



‥‥‥

見テナイ




ゴ主人ガ

見テナイ



ゴ主人ガ

見テクレテナイ



オロロロロ………