忍者ブログ
はちきれることのないブラウスの会、 それは地獄の世に咲いた四輪の花。

WRITE | ADMIN

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/26 ショート坊主]
[04/09 ぱのぷて]
[04/09 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
最新TB
プロフィール
HN:
mzd216
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アクセス解析


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんばんは、二朗松田です。
はちきれることのないブラウスの会脚本を担当しております。

先々週の黒鉄ゾンビpresents「ゾンビvsパンダ」。
はちブラ主宰有元と私が所属する、
シアターシンクタンク万化高橋明文が率いるバンド「黒鉄ゾンビ」の
ライブイベントでした。

対バンに西原希蓉美率いるShunShun's、
劇団暇だけどステキから暇ステバンド、
DJにBGYと、なかなか豪華なイベントになりました。
お越しいただきましたお客様には多大に感謝申し上げます。

さて、本題に入ります。
先週末、私の体は仙台にありました。
INDEPENDENT:SND 13。
2011に発表した中嶋久美子「次の場所までさようなら。」が、
またも地方に招待されたのです。

以下にはその顛末を記したいと思います。





関空でのピーチ航空のハブられっぷりに半笑いしながら、
中嶋久美子、私、そして泉寛介の三人は仙台へと向かいました。

そう、これまでの地方巡業では演出を施したバグダッドカフェ泉さんは不参加、
今回が初の三役揃い踏みとなりました。
正直、泉さんが行くのなら、
その時点で私が行く意味など全く失われておりますが、
自分の作品が東北地方でどう受け取られるのかを見届けたく、
また、牛タン食べたいので同行させて頂きました。

初の仙台、飛行機内での我々の浮かれっぷりは天井知らず、
しかしながら、仙台空港に着陸、
そこから仙台空港アクセス線に乗って仙台へ向かう途中の車窓に、
我々は徐々に言葉を失いました。

不自然に虫食い状態になっている林。
駅前にも拘らず多く点在する空き地。
至る所でフル稼働する重機。
プレハブ。

心のどこかで、あの日の出来事を絵空事であったかのように
思っていたかもしれない自分にとって、
非常にショッキングでした。
それら災害の爪痕を、現実のほんの一部ではあるでしょうが、
あの光景を見られた事は本当に良かったと思います。
良かったってのも変な言い方ですが。


仙台に到着、我々は会場となるエル・パーク仙台、探せど探せど、
なかなか見つかりません。
有るべき場所には三越しかなく、
もしやと三越の案内看板を見てみると、
エル・パークは三越の6階にありました。




デパートの中にあるだけあって、
設備はこれまでのどのINDEPENDNTの会場より充実していたかもしれません、
素晴らしい劇場でした。

仙台演劇人の皆様には非常に良くして頂き、
頗る快適に過ごさせて頂きました。
この場を借りて御礼申し上げます。

並びに、仙台演劇人には打ち上げで
様々な衝撃を頂いたのですが、
それをここで説明するのは非常に骨ですので割愛します。
取り敢えず、仙台演劇人怖い、とだけ述べさせて頂きます。

個人的には、打ち上げ二次会で、
大阪では全く出来ないあまちゃん話が出来た事が何より収穫でした。
プロデューサー森さん、俳優の原西さんが
キョンキョンからあまちゃんを語り、
そこからアイドル全般へ、
そしてINDEPENDENT総帥相内さんの心に火が付き
(本人はアイドル好きでは無いとの事)、
果てはトマパイ、サカナクション、ミッシェルまで話題は派生し、
演劇の話は一切出てこない音楽談義になるのですが、
その話はこの辺にしておきます。


さて、肝心のINDEPENDENT:SND、
結局アクトを4組に絞らざるを得なかったという事もあったのでしょうか、
演者の熱演に対し、
お客さんの入り、熱はまだまだ発展途上と言った感じでした。

大阪ではエンターテインメントとしての小演劇は当たり前ですが、
仙台ではもう少しアート寄りに解釈されているのかもしれません。
京都的とでも言いますか。
逆に言えば、まだまだエンタメ小演劇の開拓の余地、可能性がある土地とも言え、
INDEPENDENTが今後も続くならば、
きっと仙台にも根付き発展していくのでしょう。


仙台に滞在していた3日間、
我々はとにかく牛タンを喰らい、ずんだを喰らい、
笹かま、数多の海産物を喰らいました。




牛タンも当然美味しかったのですが、
最も私の心を捕えたのは、ずんだでした。
実際に食べるまで「ずんだ」が何かを知らず、
食べてもよく分からなかったにも拘らず、
ずんだの魅力に一発でやられてしまいました。

ずんだは簡単に言えば枝豆がペースト状になったものなのですが、
その出来がなんとも中途半端というか未完成的で、
それでいて素材の旨さは存分に引出されており、
言わばそれは、初期衝動をそのまま録音したような
そんな初期パンクに通じるような魅力に溢れておりました。

色んなずんだを食してみると、
全部が全部それほどSEX PISTOLS然としている訳ではなく、
THE CLASH中期以降のような完成度を持ったものもあり、
その奥深さにますますずんだの素晴らしさの虜になるのでした。




私はINDEPENDENTを、否、演劇というものを、
横入りしてきた人間ですので、
一人芝居に関しても何ら特別な思いは無いのですが、
古くから演劇に触れている人ほど、
技術も経験も無い者が一人芝居をする事に抵抗があるそうです。

しかしINDEPENDENTは、一人という最小単位、アイデア一発で勝負出来る芝居、
つまりパンク精神でいける、実験の場である、と勝手に思ってます。
(無論、技術を高める努力は絶対に必要ですが)

「次の場所までさようなら。」は実際ワンアイデアのろくでもないネタですが、
地方の若者がこれを見て、
「オモロいけど、こんなのなら俺でも出来る」
とでも思ってくれれば、こんなに嬉しい事は無い、
と、仙台空港のお土産コーナーの試食ずんだでラストずんだを食べながら、
そんな事を考えておりました。



全然旅の顛末書いてないですね。
仙台での色々は、後日暇だったら書きます。

取り敢えず今週末は、
また私脚本、泉さん演出、
有元はるか出演のお芝居があるので来て下さいね。
もうあんまりチケット残って無いですけど。


殿村ゆたか劇場+メロン・オールスターズ
『スローなブギにしてくれって言ったのに』
■日時 8月3日(土) 19時
4日(日) 14時 17時
■場所 common cafe (コモンカフェ)
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F

■脚本 二朗松田(はちきれることのないブラウスの会)
■演出 泉寛介(Bagdadcafe`)
■演奏 メロン・オールスターズ
森定道広(ba)
橋本達哉(ds)
荻野やすよし(g)
前田実(A.sax)
有本羅人(tp)

■出演 西原希蓉美
山根千佳(TAKE IT EASY !)
有元はるか(はちきれることのない
ブラウスの会 シアターシンクタンク万化)
津久間泉(空の駅舎)
三吉栄三
隣町子
殿村ゆたか

http://t.co/fhmxlIEQas

最後に一曲いきましょうか。
牛タンガールズで「ずんだずんだ」です。

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS