忍者ブログ
はちきれることのないブラウスの会、 それは地獄の世に咲いた四輪の花。

WRITE | ADMIN

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/26 ショート坊主]
[04/09 ぱのぷて]
[04/09 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
[03/28 ぱのぷて]
最新TB
プロフィール
HN:
mzd216
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アクセス解析


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



51iedVxvvBL.jpg



はちきれることのないブラウスの会第二回公演、
「大沢めぐみの国定忠治」(以下、大の国)、先日無事終了しました。
ご来場いただきました皆様、如何でしたでしょうか。
 
観て下さった方々ならお分かりだと思うんですが、
今作は非常に様々な要素によって構築されております。
何なら国定忠治要素が相当薄いという有様です。
 
タランティーノ以降のサンプリング手法、
いわばはちブラはヒップホップ的な演劇であると言えるでしょう。
 
ってのはパクリパロディの言い訳として
お気に入りの言い回しです。
これ、すっごく便利です。
お勧めです。
 
さて、「大の国」に於いて、
そんな様々な要素の中でも、
最も重要な位置を占めたのが「マンマ・ミーア!」要素でしょう。
 
「よし、はちブラに『マンマ・ミーア!』要素を入れよう!」
 
昨年の暮れ、私はそう決意し、
Youtubeなどを資料に脚本を書き、
それを読んだ演出家はYoutubeなどを元にステージングを考え、
役者たちはYoutubeなどを観て動きを確認しました。
 
斯くして無事公演は終わったのですが、
果てしてこれで本当に良かったのか。
 
いや良くない、
何しろメンバーの誰もマンマ・ミーア!を観てないのだから。
浅利慶太がその事を知ったらどんな顔するだろう?
浅利慶太がロングシュート決めたらどんな顔するだろう?
 
そう思うと居ても立っても居られなくなり、
京都劇場へ行って来ました。
 

京都駅中央口出てすぐ右。
トム・ハンクス似の人がいます。

mm2.jpg
10周年らしいです。おめでとうございます。

mm4.jpg
人が吸い込まれるように次々と入っていきます。

mm3.jpg
何かトータル・リコールを思い出します。

mm5.jpg
本日のキャスト表。ハンドコ、頑張れ!

mm8.jpg
開演前、お話の雰囲気を感じさせる緞帳が降りてます。
はちブラと一緒です。

mm6.jpg
mm7.jpg
充実のグッズコーナー。
若いお客がお小遣いをガンガン使ってました。

mm10.jpg
一番有名なヤツ。
ですが、横浜、と付けるだけで
不良度が上がって観たくなります。


平日木曜の昼という演劇にとっては厳しい時間帯にも拘らず、
予約しようとHPを見れば、C席(3,000円)は、残り1席。
 
いざ会場に着けば、おばちゃんから若い子まで幅広く集まっており、
改めて劇団四季の人気の高さに驚きました。
道理で、ウチの挟み込みに来なかったはずです。
 
会場内はとにかく快適に出来ており、
京都駅からの導線なども含め、
これは一種のアミューズメントパークなのだと理解しました。
 
全員女性の場内スタッフが、
見事に全員「私、仕事出来ます」顔をしている美人で非常に頼もしく、
次付き合うなら劇団四季の場内スタッフが良いです。
 
こうしてようやく「マンマ・ミーア!」がどんな話なのかを理解したんですが、
まぁ、ストーリーはともかくとして、
どうやら重要なのは、如何にABBAの楽曲を使うか、という事のようです。
 
そしてズバリ、構造的にはちブラと少し似てるなぁ、
と思いました。
 
今回の「大の国」、正直賞賛だけを頂いた訳ではなく、
辛口意見も幾つか聞かせて頂いたんですが、
その大体が、「はちブラ」を「劇団四季」に入れ替えても意味が通るものでした。
つまり、劇団四季のフリ見て我がフリ直せということです。
 
また、「大の国」のどの回でしたか、
ラストで手拍子が巻き起こった事があり、
私は色んな意味で胸が締め付けられそうになったのですが、
アレの意味もようやく分かりました。
 
劇団四季「マンマ・ミーア!」ではお芝居が終わった後、
歌のコーナーがあってその時一階席は総立ち大手拍子大盛り上がりになるんです。
恐らくあの回のお客さんに四季に精通されている方が居られたのでしょう。
こちらとしては本家にもそんなコーナーがあるとは知らずやってたんですが、
とにかく盛り上げて頂いた皆様、誠にありがとうございました。
 
劇団四季とはちブラに共通点が見られた事は、
今回最大の収穫です。
これは次回作に活かしたいと思います。
次回作、いつやるのか知りませんが。
 
劇団四季「マンマ・ミーア!」、
4月8日でファイナルです。
お見逃し無きよう!

mm12.jpg

PR


img4820299229660.jpg

おはようございます。
脚本担当の二朗松田です。
昨日はウチの父親が観に来てました。

先月の「BURN CRASH RADIO」もそうでしたが、
一人で勝手に来て帰っていくのが彼の中でブームのようです。
差し入れは、他の方がオシャレなマカロンなどを下さる中、
父の持ってきたそれ、母の作ったいかなごの釘煮でした。

上演が始まるや、
何か重いものをゴトンと音を立てて床に落として、
その行方を芝居そっちのけで追おうとする父の姿に、
自分のルーツを見ました。

実は今作、 そういう家族の絆的なものもテーマに入ってるんですが、
その他、演劇とは何か、
というような重大なテーマも入ってるんですが、
誰一人としてそんな部分を汲み取ってはくれず、
感想を聞いても、
単に無意味な笑えるヤツとしてしか受け取ってもらえません。

おかしいなあと思いながら、
昨日の夜の部を改めて観てたんですが、
確かに無意味としての意味しか見えませんでした。
テーマってどうやって出すんだろう。

せめて貴方だけは、 この深遠なるテーマを受け取ってもらいたい。
今日で終わりです。
宜しくお願いします。

はちきれることのないブラウスの会 
第二回公演 『大沢めぐみの国定忠治』

3月20日(火・祝) 14:00/17:00

●脚本 二朗 松田
●演出 河口 仁(シアターシンクタンク万化)

●会場 in→dependent theatre 1st 詳しくはコチラ 
http://west-power.co.jp/theatre/access.html

●チケット 前売・当日共通 1,980円
受付及び整理券配布は開演1時間前より開始。
入場は開演30分前より開始致します。

●問い合わせ E-mail hachibura@yahoo.co.jp HP http://kan-geki.com/hachibura/
ご予約はHPのチケット予約フォームまたはE-mailで!

●はちきれ割 キャスト数「4人」にちなみ、
ご来場の際に4名様でお越し頂くと、
1,980円×4名様=7,920円のところを、6,980円に大幅割引!
ネット予約でも当日でもOKです。


img_1815090_64717757_0.jpeg

こんにちは、はちブラ脚本担当二朗松田です。

今公演は「大沢めぐみの国定忠治」(以下大の国)だけではありません。
18日(日)13:30の回ははちブラにとって初の再演となる
「S.O.S(仮)」を上演致します。

この作品は今から二年ほど前、
火曜日のゲキジョウ 30×30にて初披露、
その上、「スタッフ・関係者が選ぶ30×30ベスト5!」
第二位に選んで頂き、
うれションするぐらい嬉しいと、
ここに書いたのを昨日のことのように思い出します。

思えば、この作品ははちブラにとっては二作目にあたるのですが、
そもそも第一作「太陽にホエール」をやった時点で、
はちブラの活動自体、終了する事も充分有り得ました。

しかし、何だかんだでチョコチョコ活動するようになったのは、
間違いなくこの作品があったからだと言えます。
この作品を発表する機会を与えてくれた
火曜日のゲキジョウ関係者の皆様には
恐ろしく今更ながら感謝する次第です。

ただ、この後LINX'Sに出させてもらったり、
これは私だけですがINDEPENDENT:11に寄せてもらったりと、
人のふんどしで相撲を取る楽チンさも覚えてしまいましたが。

さて、「大の国」を含めたはちブラ作品全四作の中でも
「S.O.S.(仮)」は、最も前向きで明るい作品となってます。

今の日本に大切なのは、
前向きで明るい姿勢ではなのではないでしょうか。
ご覧になった皆様に夢と希望を感じて頂ければ幸いです。

作ってる方としてはそんなこと考えもしてないですが、
感じて頂けるんなら結果オーライじゃないですか。

「S.O.S.(仮・再)」、日曜昼です。


cati1.JPG









皆さん、こんにちは。
はちきれることのないブラウスの会、
脚本担当、二朗松田です。

今これを読まれている方は、
やはり一度でもはちブラの公演を
ご覧になったことがあるのでしょうか、
それとも芝居は観たことないけども
このどうでもいい感じのブログの特異なファンなのでしょうか。


さて、以下には、
今回の「大沢めぐみの国定忠治」(以下大の国)執筆への思いを
綴りたいと思います。


なぜ今回、国定忠治を題材に選んだかと言えば、
現在の日本にもう一度日本的な文化を取り戻そう、
時代もそれを望んでいるはず、
という思いからだったんですが、
いざ書いてみたらあんまり日本的になりませんでした。
考えてみれば、元々私自身に日本的文化の素養が無いので、
なりようもないのでした。
慣れないことはするものではありません。

その上、周りの人間に聞いても、
そもそも国定忠治を殆ど知らないという状況で、
キャッチーを狙ってこのタイトルをつけたのに、
結果的に「大沢めぐみ」も「国定忠治」も
大してキャッチーでなく、
若い人にとっては、
知らない名前が二つ並んでいるだけ、
という残念な事態になってしまいました。

さらに、国定忠治を知ってる年配の方が観ても、
恐らく納得いかないものに仕上がってしまい、
最早この作品はどの層に向かって発信しているのか
まったく分かりません。

ついては、これをお読み頂いている貴方、
そう貴方。
タイトルなどの前情報では新しい客層の取り込みが困難と分かった今、
貴方の協力が我々には必要なのです。
まだはちブラに触れたことが無い周りのお友達に、
「国定忠治を知らなくても楽しめるよ」
「怖くないよ」
ということを周知していただきたい。


「大沢めぐみの国定忠治」、一週間後のスタートです。